カーライフ

クルマの擦り傷をDIY補修するために購入したもの【Holtzリペアグッズ】

アルト

こんにちは、アルト(@hobbyALTO)です!

みなさんはクルマを運転してて、

ぶつけてクルマに傷つけちゃったーー!

っていう経験はありますか?

ボクも去年はじめてクルマをぶつけてしまい、いまでもキズが残ったままになってしまっています…

クルマのキズ補修ってお店にお願いするとけっこう値段もかかるんですよね(汗

そこで、今回はDIYでキズの補修してみようと思っていろいろと購入したので紹介していこうと思います

実際の修理の様子については別記事で紹介しようと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

もともとタッチペンで補修していたけど…

ボクがクルマをぶつけてしまったのはコインパーキングに設置してある黄色のポールでした。

傷になったところを見てみると黄色の塗料がべったりと付いてしまってました…

そのままにしておくこともできず、コンパウンドで磨いて塗料を落とし、タッチペンで塗ってキズが目立たないように使用を頑張ってみたのですが…遠目に見てもキズを補修しているんだなぁとわかってしまうような仕上がりでした。

そのまましばらく放置していたのですが、やっぱり気になってしまうので塗装にチャレンジしてみようと思いました!

嫁ちゃん

私はいまのままでもぜんぜん気にならないんだけどねー(笑

今回は簡易塗装で補修

キズの大きさにもよるのですが、今回は簡易塗装ですることにしました。

本格的にスプレー塗装しようとも考えていたのですが、やっぱり難しそうってことで断念…

そんな中でいろいろ調べていると、ホルツからタッチペンをスプレーにできる簡易キットがあるのを見つけました!

そこでこのキットを使ってキズ補修を試して行こうと思います。

購入品紹介

というわけで、今回はその簡易塗装のために購入したホルツの商品の紹介をしていきます!

Holts 耐水サンドペーパー

まずは耐水ペーパーです。

クルマの表面にできたキズを馴らすのに使います。今回はキズが小さかったので耐水ペーパーも小さいものを選びましたが、念の為に大きいものを準備したほうが良かったかなと思っています。

Holts 耐水サンドペーパーの研磨用ブロック

これは耐水ペーパーをきちんと面で使うことができるようにするためのものです。

研磨用ブロックは必須なものではないですが、これを使うことで磨きやすくなるということで今回は買ってみることにしました。

塗装用マスキングテープ

マスキングテープはキズ以外のところを磨いてしまわないようにしたり、塗装が他の場所に付いてしまわないようにするために使います。

マスキングテープであればどんなものでもいいですが、個人的には幅の狭いもののほうが使いやすいかなと思っています。

Holtz バンパーパテ

バンパーパテはキズでできてしまった段差を埋めるために使います。

キズに段差がなくスプレーだけで補修できそうなときには必要ないかもしれませんね。

Holtz カラータッチ専用タッチガン

次に紹介するのが今回のメインアイテム!タッチガンです!!

タッチアップペンをカラーペイントスプレーにできるアイテムです。

筆塗りによる塗り跡や塗りムラができにくいので、自然な仕上がりになるようです。
また、スプレーの噴射範囲が狭いスポット噴射なので、マスキングの範囲を最小限にすることができます。

Holtz タッチアップ・補修ペン

タッチガンとセットで使用することになるのがタッチペンです。

タッチペンを購入するときは色の選び間違いに気をつけましょう。

自分のクルマの色がわからないときはクルマにシールで明示してあるので確認してください。
多くのクルマはドアを開けたところやボンネット内に英数字のカラー番号表示があるので探してみてください。

ホルツではほとんどのカラー番号のタッチペンを揃えているので同じ番号のものを購入するようといいでしょう!

Holtz タッチガン仕上用上塗りスプレー

最後に紹介するのが仕上げ用スプレーです。

タッチガンのペイントの上にクリアの層を作りつつ、キズの周囲に飛び散ってしまったスプレーをぼかしてくれます。

仕上げスプレーをした部分は少しくすんだような感じになるようですが、塗装後1週間程度経ってからコンパウンドで磨くことでキレイなクリアになるようです。

もっと本格的に補修・塗装仕様とすると…

「キレイに仕上げるためには本気で塗装しないと!」

って思っていろいろ調べてみると、けっこう大変そう…時間もお金もけっこう掛かることが判明…

本気でキズ補修するときに必要になるもの
  • マスキングテープ
  • マスキングシート
  • 耐水サンドペーパー
  • バンパーパテ
  • シリコーンリムーバー(脱脂剤)
  • バンパープライマー
  • プラサフ
  • カーペイントスプレー
  • ボカシ剤
  • コンパウンド

けっこういろんなものが必要なんですね。
簡単にやってみようと思っていましたが甘く見すぎていました(汗

しかもバンパープライヤーやカーペイントなどのスプレーは1本1000円以上はするし、そんなに頻繁に使うものでもないから、余るほどの量はいらないなぁって思いました。

それになによりスプレーが多くて難しそう…塗料がクルマの周りに飛び散るのも怖いので…
タッチガンならスポット噴射なので、初心者でもできるのかなと(笑

キズの範囲が大きい場合や、本格的な塗装をしてみたい!という方は試してみても良いかもしれませんね。

まとめ

今回はクルマの擦り傷をDIYで補修するために購入したものを紹介してきました。

タッチペンをスプレーにすることができるというのは本当に画期的ですよね!

これらの商品を使って実際にキズ補修をした内容については後日別の記事として紹介しようと思います。

DIYで補修してみようと思っている方は是非参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
ではまた、アルトでした!!