お仕事のこと

【IKEA LAGKAPTEN レビュー】格安でデスク快適化するならこれで決まり!

アルト

こんにちは、アルト(@hobbyALTO)です!

みなさんはいまのご自身のデスク環境に満足していますか?

今回はIKEAのLAGKAPTEN(ラグカプテン)というデスクを購入してしばらく使用してみたのでレビューしていこうと思います!

ボクがこのラグカプテンを購入した理由がこちら↓

値段を安く抑えたくていろいろと机をさがしていて、サイズ・値段・色が自分の理想とぴったりあったのがこのイケアのラグカプテンでした。

安くデスク環境を整えたいけど、どれが良いのかよくわからない・・・という方はぜひ一度チェックしてみてください。

それではさっそく見ていきましょう!

なぜデスクを買い替えたかったのか?

まずボクが机を買い替えたかった理由を簡単に。

いままでつかっていたデスクは100cm幅で机の右側に棚がついていました。

こんな感じのデスクです。

パソコンデスク デスク ラック付き 幅 100 cm 机 学習机 オフィスデスク

まずこのデスクだと、ノートパソコンを開くと前にスペースがなくてとても狭かったんですよね。
奥行きが45cmしかなかったのでこの狭さは作業する時にずっと気になっていました。

そして2つ目に、机を買い換える前にGT RACINGのゲーミングチェアを購入していたのですが、なんとアームレストをつけるとデスクのなかに収まらなかったんですね(汗

まぁ、幅の問題はアームレストを我慢すればなんとかなったんですが、ここでもう一つ問題発生・・・

デスクの奥行きが45cmしかなかったのでそもそもチェアが奥まで入らなかったんですね。

さすがにそんなにスペースを取らせるわけにもいかないので思い切ってデスクごと買い替えてしまおうと考えたって感じですね。

今回購入した商品がこちら

そんな中でいろいろデスクを探していた中で最終的にたどり着いたデスクがIKEAの商品でした。

まずは今回購入したデスクをパーツごとに紹介していきますね!

天板はLAGKAPTEN(ラグカプテン) 120cm×60cm

まずは天板。

えっ、机を買ったんでしょ?

って思う方もいるかと思いますが、IKEAのデスクは天板と脚が別々に売られていて、自分の好きなように組み合わせることができます

天板だとサイズや色合いなどから自分の好みに合うものを選ぶことができるんですね!

今回ボクが購入したのは LAGKAPTEN (ラグカプテン)というシリーズの120cm×60cmの天板を購入しました。

厚みは3.5cmほどあるので強度に関しても十分だと思います!

購入後にケーブルトレーを自作で取り付けた時に天板裏にネジ穴を開けたのですが、すごい軽い力でネジ止めすることができたのでおそらく積層合板なんじゃないかなと思います。

一枚板よりも強度は落ちると思うので人が上に乗ったりするのは避けたほうが良いかもしれませんね。

脚はADILS(オディリス)が4本

天板が 120cm×60cm なので、脚を4本購入しました。

今回買ったのが ADILS(オディリス) というイケアのデスクシリーズの中で一番安い脚になります。

この脚が1本500円なので4本で2000円でした。

高さ調整できるOLOV (オーロヴ)という脚もあったのですが、この脚は1本1000円するので脚だけで天板と同じ値段になっちゃうんですよね・・・

オディリスでも脚の先にある黒い部分を回せば2cm程度なら高さを調整することもできるので、個人的には十分かなと思っています。

脚といっしょに取付プレートと取り付け用のネジ、説明書が入っています。

組み立て作業風景はこんな感じ

ここからは実際に組立作業がどんな感じか紹介していきます。

組み立てはとても簡単で、ドライバーだけ準備しておけばOKです!

デスク組み立ての手順
  1. 天板に脚の取付プレートを固定
  2. 取付プレートに脚を立てる
  3. ひっくり返して完成!!

まずは、天板にオディリスに付属している取付プレートを付けます。

天板には取付プレートのネジ穴に合うように穴が空いているので、それを目印にプレートを載せておきます。

ネジ穴が合っているのを確認したらオディリスに付属されていたネジで天板にプレートを固定します。

手で回すドライバーでも比較的軽く回すことができましたが、女性や力の弱い方は電動ドライバーがあると楽に取り付けができるのでおすすめです。

電動ドライバーを使用する際はトルクの調整に注意しましょう!
トルクが強いと天板が割れる可能性があります!

同じ作業を天板の四隅すべてにしていきます。

プレートの固定ができたらオディリスの脚本体をプレートに取り付けていきます。

オディリスのネジ部分をプレート中心のネジ穴に当てて時計回りに回します。

緩みが無いようにしっかりと締めておきます。

プレートと同様に4本の脚を立てることができたら、ひっくり返して完成です。

所要時間はおよそ15分ぐらいでした。

デスクを組み立ててる時間よりも、ゴミを片付けたりデスクの上を整理したりしている時間のほうがはるかに長かったです(笑

しばらく使ってみた感想

オディリスでもしっかり安定

こんな簡単な構造で机の安定感は大丈夫なの?と気になる方もいるのではないでしょうか?

ボクは今回オディリスという一番安いデスク脚を購入したんですけど、これでもぜんぜんぐらつくこともなく安定して使うことができています。

少しなら高さを変えることもできるので足の先を伸ばして使うのも試してみましたが、こちらでもぐらつきはほとんどありませんでした。

デスクの上にモニター+ノートパソコンぐらいであれば全然問題なく使うことができています。

デスクトップパソコンを卓上に置く場合でも大丈夫なんじゃないでしょうか?

天板がサラサラしていて気持ちいい

天板はサラサラしていてそのまま机の上で紙に文字を書いてもガタつくこともなくスムーズに書くことができました

木の天板を使っている机だと文字がうまくかけないようなものもあるのですが、この机はその心配はありません。

学生の勉強机としても普通に使うことができると思いますよ!

天板の汚れが目立つ

ボクは白色の天板を今回購入したのですが、やっぱり白のデスクは汚れや小キズ、ほこりなどが目立ちますね

でも、個人的には「定期的に掃除しないと!」って思わされるので、これはこれで良かったのかなと思います。

また、白の天板だと机の上でキーボードを滑らせただけで黒い線キズができるので、同じ色の天板を検討している方は注意したほうが良いかもしれません。

ぼくはキーボードまで入るサイズのマウスパッドを購入して対策しようかなって考えてます。

まとめ

今回はIKEAで格安で購入することのできるデスク LAGKAPTEN ラグカプテン を紹介しました。

個人的には他のデスクなんて見なくても、IKEAのデスクでどれにすればいいか考えればいいじゃん!って思えるぐらいコスパは高いと思います!

IKEAのデスクの特徴をまとめるとこんな感じです!

ボクが今回紹介した組み合わせはラグカプテン+オディリスでしたが、その他にも組み合わせは無数にあります。

気になる方は一度IKEAのHPでどんなものがあるのか、どのような組み合わせができるのかをチェックしてみてくださいね。

近くに店舗が無い方はネットでの購入で配送してもらう事もできるのでぜひ検討してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
ではまた、アルトでした!!